ライフ

ライフ

50代の皆様 「学び」「スキル取得」「趣味」をしていますか?

先日,50代の皆さんが今後のキャリアをどのように考えているかについての記事を,雑誌で,目にしました。それは,「読者モニター200人に聞いた「50歳からのキャリアと学び」意識調査」という記事で,50代の読者にキャリアや学びについてアンケートした結果です。今回,この記事をもとに,50代の学び,スキル,趣味についての意識について,記したいと思います。是非,ご覧願います。
ライフ

50代以上の転職は99%失敗する!その特徴は?

早期退職を決意した方のほとんどが,新しい企業での転職をお考えになっているのではないでしょうか?多くの早期退職した友人も,転職しましたが,うまくいっている方,失敗なさている方もおり,50代での転職は,リスクを伴うようです。ネット記事で,「50代以上の転職は99%失敗する」という記事を目にしました。今回は,本記事をもとに,リスクの高い50代の転職について記載しています。
ライフ

老後のためにやるべきことは何?

皆さん,老後のために準備していますか?国連の世界保健期間(WHO)では,65歳以上の方を高齢者と定義していますので,65歳以降の生活のために何を準備すればいいのかについて,考えてみました。やるべきことは,いろいろとありますが,私は,今を充実して生活することが大切だと思います。是非,ご覧になってもらいたいです。 そこで,老後は,65歳から始まると考え,今回は,65歳までにやるべきことについて考えてみました。
ライフ

50代の皆様 ご存じでしょうか「こころの定年」!

「こころの定年」は,実際の定年退職より10年から20年早い段階で,気持ちのうえで働く意味を失ってしまう状態を意味しており,楠木新氏が作られた造語です。この「こころの定年」をいかにうまく乗りきるかについて,雑誌THE21に記載された記事をもとに,今回は,記載しました。是非,ご覧願います。
ライフ

半数が失敗?シニア起業のリアルな実態は?

早期退職して,セミリタイア生活をしながら,起業を考えている方は,多いのではないでしょうか?実際,「2014年版 中小企業白書」によると,起業している人の32.4%は「60歳以上」であり,30年前と比較して,シニア起業は,4倍にも増えているようです。そこで,今回は,シニア起業の実態について,「シニア起業家の開業」の統計データをもとに,分析したいと思います。
ライフ

プチFIREはいかがでしょうか?おすすめ点を紹介!

FIREには,いろいろな種類がありますが,プチFIREとは,標準的なリタイア年齢より,5年早いリタイアを実現するFIREのことです。標準的なリタイア年齢は,現在では,65歳だと思いますので,プチFIREは,60歳付近でリタイアする方々になると思います。私は,57歳でリタイアしましたので,このプチFIREに分類されると思います。そこで,今回は,私なりにプチFIREのお勧めブログを記したいと思います。
ライフ

50代の方ご注意!男性にもある更年期障害チェックリスト!

更年期障害を女性だけの症状と思っていませんか?実は,男性も,急激に男性ホルモンが低下し,更年期障害になることもあります。あるネット記事では,日本人男性の2割以上の方が,生涯において男性更年期障害の症状を感じると考えており,その数は,約1000万に相当すると書かれていました。今回は ,この男性の更年期障害についてを取り上げて記事にしました。是非,ご覧願います。
ライフ

アーリーリタイアの「思わぬ壁」!社会とのつながり!

日々,自由を満喫していりますが。どこか,もやもやしたものがあり,すっきりしない日々です。このもやもや感は,一体,何だろうかと思っていましたが,あることで気づきました。すると,このもやもや感は,実は,社会とのつながりの欠如が原因であることがわかりました。今回は,アーリーリタイア生活での社会とのつながりについて,記載しています。是非,ご覧願います。
ライフ

定年後誤算!実例からわかったこと!

多くの会社が,定年60歳だと思いますが,定年後も様々なことが起きるようです。そんな中,先日,雑誌で,「生涯現役でなければならない」と考え,定年後も懸命に生きたある男性の話で,エリートサラリーマンだった男が,定年後に,思いもよらない落とし穴にはまった実話です。考えさせられる内容でした。是非,ご覧願います。
ライフ

アーリーリタイア生活で考慮するべきリスクは?

アーリーリタイア生活において,考慮するべきリスクについて考えてみました。いろいろとリスクがありますが,アーリーリタイア生活では稼ぐ力がありませんから,これらのリスクに対して,金融資産を頼りに対応することが,特徴のように思います。是非,ご覧願います。
タイトルとURLをコピーしました