膵臓がんで亡くなったスティーブジョブズ氏の最後の言葉

妻の闘病

皆様,こんにちは!

昨日の高校野球で,仙台育英高校が日本一になりました。優勝旗が,白河の関をようやく超えましたね。東北の皆様,おめでとうございます。

本日は,一時,時価総額が,3兆ドル,日本円で400兆円以上の企業を創業したスティーブジョブズ氏の最後の言葉をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

人生で大切なものは。。

皆さん,スティーブジョブズ氏と言えば,あの有名なスタンフォード大学での卒業式スピーチの「Stay hungry. Stay foolish.」と思います。私も,このスピーチは,Youtubeで拝見し,非常に感銘を受けました。立派なスピーチです。

でも,スティーブジョブズ氏は,56歳の時,膵臓がんで亡くなる直前に,語った言葉を子存じでしょうか?あまり知られていないと思います。この言葉は,後継者のティム・クックに残した言葉のため,あまり,知られなかったと思います。

先日,あるブログの紹介で,私は,最後の言葉を知り,感銘しましたので,皆様にご紹介します。尚,詳細は,「スティーブジョブズ氏の「最後の言葉」が心にズシンと刺さる」を御覧ください。

私は,冒頭部分と最後部分に心を打たれました。

まず,冒頭部分は,以下の部分です。

この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。私のようにね。

そして,最後の部分は,以下の通りです。

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。

人生だよ。命だよ。

手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、
あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

いかがでしょうか?

いくら富を稼いでも,結局,人生で一番大切なものは,「命」であり,そして,「家族」「パートナー」「友人」と,はっきりと述べています。

私は,妻がガンに罹患して以来,「命」そして「死」というものに,身近に接しているように思います。だから,スティーブジョブズ氏の最後の言葉は,心に突き刺さりました。そして,これは,誰もが,「死」に直面して,思うことではないでしょうか?

皆様の今後の人生に,お役立ちしていただければ,ありがたいです。

つづきは,次回へ!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。よろしければ、ポチッお願いします。今後の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

読者登録もして頂ければと思います。
定年雑学クラブ - にほんブログ村

スポンサーリンク

妻の闘病
シェアお願いします。
フォローはお気軽に!
管理人

現在60歳。某電気メーカで30数年間、サラリーマン生活を送り、早期退職したおっさんです。すでに、孫もいます。退職後は、自由きままに、生きておりますが、妻が卵巣がんステージⅢCになりました。妻の闘病記や,日々気が付いたことをブログにしたいとおもいます。

フォローはお気軽に!
定年雑学クラブ
タイトルとURLをコピーしました