ガンにも人生にも「がんばらない」ことも必要!

ライフ

皆様,こんにちは!

台風11号の影響は,いかがだったでしょうか?関東の方は,それほど被害もなく,普通に生活できました。皆様のお住まいの地域も,なにもないことを願います。

さて,本日は,「がんばらない」ということについて,感じたことを記事にします。

スポンサーリンク

鎌田實先生のがんに負けないための発想の転換7箇条

今朝,長野県茅野市の諏訪中央病院院長としてがん末期患者、お年寄りへの24時間体制の訪問看護など、地域に密着した医療に取り組んでいる鎌田先生の記事を読みました。

鎌田先生のガンに負けないための7か条が記載されており,皆様にご紹介したいと思います。

第1条 闘い方を変幻自在にしよう

第2条 「がんばれない」とき、ダメ人間だと思わない

第3条 つながりの中でがんと闘う

第4条 希望を持ち続ける

第5条 笑う

第6条 逃げない。がんと向きあうこと

第7条 ささやかな日々の営みを丁寧に行う

いかがでしょうか?どれも,胸にしみる言葉だと思います。是非,鎌田先生の記事を御覧になってもらいたいと思います。私は,この7か条は,がんだけでなく,「幸せに生きる7か条」だと思いました。

特に,「がんばれない」自分を,決して,責めずにダメな人間と思わないことに心打たれました。

私は,65歳まで,会社で勤めあげることを目標に,仕事中心に生きてきました。しかし,57歳の時に,想像もしてなかった病気になり,会社を退職せざる得ない状況に追い込まれ,中途退職しました。正直,悔しかったです。

長い間,入院し,病気も回復しましたが,病気による精神的なダメージが大きくて,医師からも当分,就労することをやめるように診断され,働くことができなくなりました。その時,仕事もできない最低な人間だと思い,生きていくのがつらかった時期がありました。

でも,妻の支えもあり,なんとか,苦しい時期を乗り越えることができましたが,その後,妻の卵巣がんが発覚し,今は,妻のガン闘病を支えることを目標に生活しています。

今振り返ると,長い人生の中には,もちろん,頑張りが必要な時期もありますが,ずっと,頑張った人生より,たまには,寄り道して,「がんばらない」時期があってもいいのでは,ないかと思います。その方が,深みのある人生になるように思います。

ガン闘病も一緒。手術や抗がん剤治療に対して頑張る必要がある時もありますが,たまには,がんばらないふりをして、がんと仲良くしてしまう方法もあると思います。がんがあっても、自分らしく生きることが大切だと思います。

皆様の人生に,何かヒントになっていただければと思います。

つづきは,次回へ!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。よろしければ、ポチッお願いします。今後の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

読者登録もして頂ければと思います。
定年雑学クラブ - にほんブログ村

スポンサーリンク

ライフ
シェアお願いします。
フォローはお気軽に!
管理人

現在60歳。某電気メーカで30数年間、サラリーマン生活を送り、早期退職したおっさんです。すでに、孫もいます。退職後は、自由きままに、生きておりますが、妻が卵巣がんステージⅢCになりました。妻の闘病記や,日々気が付いたことをブログにしたいとおもいます。

フォローはお気軽に!
定年雑学クラブ
タイトルとURLをコピーしました